2020年1月16日木曜日

新年明けましておめでとう! 矢先に放送のポケモンダイレクト2020.1.9特集

こんばんは、マサムネです。

今年は暖冬とされているように、
この時期としては比較的過ごしやすい陽気が続ています。

とは言え、北陸などで雪が降らないという事は
水源の水の量が溜まらない事を意味しており、
いい事ではありませんが。
何よりある種の「異常気象」ですしね。

ではでは、日記の本題に参りましょう。


謹賀新年二〇二〇

明けましておめでとう御座います!

新年早速ポケモンダイレクトが放送されました!

さて、新たな年である2020年になりました!

遅れながらですが、
謹賀新年二〇二〇 明けましておめでとう御座います!
今年もよろしくお願いしますね♪

下の写真はTwitterで年明けの際にアップしたものとなります。
ネズミ年なのでピカチュウを題材としたものにしました。
自分に限らず、ピカチュウなどネズミポケモンを題材とした
絵や写真を上げた方は多かったようですね。

年明けの際にTwitterでアップした記念の写真。
スマブラSPで初日の出っぽい背景とピカチュウを
組み合わせたものにしました。
さて、そんな新年を向かえてまだ日も浅い20年1月7日。
突如としてNintendoDirectのポケモン特集が発表され、
その後の1月9日23時30分からポケモンダイレクトが放送されました。

昨年は9月以降、ニンテンドーダイレクトがご無沙汰であり、
それもあって嬉しい新年のお年玉となりましたね。


昨年後半はニンテンドーダイレクト不足でしたが、
反動か新年から早速のニンテンドーダイレクトが実施され、
ポケモンダイレクトが放送されました
 今回の日記は、このポケモンダイレクトで
公開された情報を感想を交えながら紹介していこうかと思います。

ではでは、早速その日記本題に参りましょう。


初代『ポケモン不思議のダンジョン』が

15年の月日を経て蘇る!

リメイク版『救助隊DX』登場!

さて、後述する『ポケモン剣盾』の話がダイレクトの大部分でしたが、
冒頭では新作タイトル発表、それも発売日が決定済みのものがありました。

ポケモン不思議のダンジョン』(以下、ポケダン)の第1作目『赤・青の救助隊』の
Switchリメイク版『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』です!

第1作目『ポケモン不思議のダンジョン』である『救助隊』シリーズが
15年の時を経てリメイクされることとなりました!
リメイク作品となるとはいえ、
2015年の『超不思議のダンジョン』以来久々となるポケダンですが、
ダイレクトで知ったのですがなんと原作となる初代ポケダンから
15年も経つのだそうです(原作版は2015年11月17日に発売)。
「もうそんな経つの!」と驚愕しましたね。
そりゃ確かに、リメイクが出てもおかしくない歳月がたったわけですな…

このモデルとなった『の救助隊』、
「『ポケモン』と『不思議のダンジョン』の見事な融合」だけでなく、
後のポケダンの伝統となる
何故か人間からポケモンになった主人公
中盤からのポケモンらしからぬ重厚でシリアスなストーリー
をという物語をこの時点から持っており、
ポケモンらしからぬと同時にその素晴らしい出来栄えから
多くのファンを獲得し、後のシリーズへと繋がっていくこととなりました。

ポケダンの伝統である
「人間だった主人公がなぜかポケモンになる」
というプロローグ展開
登場キャラクターも似ポケモンが人間の代わりとなります。
映っているのは大先輩となるチームの「FLB」

『ポケダン救助隊DX』ですが、
原作版は発売した時期のために
ポケモン第3世代(ルビー・サファイア)までの要素で構成された作品だったのですが、
紹介映像を見ると、第4世代(ダイヤモンド・パール)からであるルカリオが登場したり
「かくせいのタネ」というアイテム使用でメガリザードンXが登場していたりと
新ポケモンやメガシンカといった
第4世代以降のポケモン作品の要素も取り入れられえるようです
ポケモン本編シリーズではメガシンカがインフレ等から廃止されたのに対し、
派生作品では残るとは、数奇な形ですね。

原作とは異なり、仲間ポケモンとしてルカリオが出演しています
「かくせいのタネ」という新アイテムを確認。これを使うと…
メガリザードンXとなりました。
メガシンカが登場するようです

第4世代以降のものはどの程度が取り入れられるのでしょうかね?
あまり原作を壊すわけにはいかないでしょうから。
なお、一応原作版では、発売同年の映画が『波導の勇者ルカリオ』だったことから
ルカリオやマニューラなどがモブでの登場をしたりしていました。

発売は今年3月の6日に決定済みで、
更にゲーム本編に引き継ぎが出来る体験版も無料配信されています

発売日が決定していると共に、
引き継ぎ可能な無料体験版も配信されます
ただ、個人的にこの「引き継ぎできる体験版」は
製品版に触れた時の「はじめるぞ感」が低下してしまうので、
正直複雑なところがあるのですよね…
あちこちで実施されているのを見るに、
商法としては優秀な部類になるのは分かるのですが。



『ポケモン剣盾』の新バージョンに相当として

有料追加コンテンツの配信が決定!

『エキスパンションパス』登場!

さて、ポケモンダイレクトの大部分を占め、
メインとなったのなったのがこちら。

『ポケットモンスター ソード・シールド(以下、ポケモン剣盾)』の
第3バージョンの代わりとして登場する
ポケモンシリーズ初の有料追加コンテンツ
ポケットモンスター ソード・シールド エキスパンション・パス(以下、EP)
が発表されました!

『ポケモン剣盾』の大規模な有料追加DLCとして
『エキスパンションパス』が発表されました!
まさかの第3バージョン無しで、
代わりに追加DLCが来るとは、
発売2か月後という早い時期での発表と共に予想外でしたね。

いや、時代の変化とも言えますがね
任天堂ゲーム機で本格的なインターネット通信を始めた
「ニンテンドーWi-Fiコネクション」から14年強、
現在のゲームのネット接続率は相当なものとなり、
DLCなどのネット配信の追加コンテンツを使った商売・商法は
一般的なものとなりました。

マイナーチェンジ版を1から売るというのよりも、
追加要素などを既に購入済みユーザーへ追加販売した方が
効率が良いというのもあるのでしょうな。

ではでは、発表された情報で
個人的に気になったものをピックアップしていきますね。
全て書くのは時間的に無理なので、ご了承ください(汗)

『剣盾EP』は2部構成

『鎧の孤島』と『冠の雪原』がセット販売で時期をずらし配信

さて、この追加コンテンツの『剣盾EP』は2部構成となっており、
6月に第1部が、秋に第2部が配信の予定となっています。

第1部はヨロイ島という場所が舞台の「鎧の孤島(よろいのことう)」
第2部はカンムリ山という場所が舞台の「冠の雪原(かんむりのせつげん)」
というものとなっております。

EPは1つの購入で2部構成となっており、
1部は『鎧の孤島』、1部は『冠の雪原』となります
 バージョン風に言うと、『アーマー(鎧)』に『クラウン(冠)』といった具合ですね。
『アーマー』は『ソード(剣)』『シールド(盾)』に続く戦道具で納得ですが、
『クラウン』は正直意外でしたね。
頭なら『ヘルム(兜)』が来ると思っていました。
まぁ正しい英語だと兜は『ヘルメット』であり、
あまりカッコよくない為、世界基準で冠を選んだのかもしれませんが。

 『鎧の孤島』はヨロイ島での修行の物語となるそうで、
ストーリー重視のコンテンツであるように感じます。

一方の『冠の雪原』は
過去作登場の伝説のポケモンに全て会う事が出来、
加えて新規の伝説のポケモンも登場する
 のが特徴との事で、
やり込み派向きなコンテンツの雰囲気がします。

 また、その両方をクリアすると
新たな対戦コンテンツを遊べるようになるそうです。
バトルタワーの更なる上級者版か何かでしょうか?
いずれにせよ、かなりの大ボリュームである事が期待されます。



ガラルの姿を含めて新登場ポケモンもあり

旧作ポケモンも200匹近くが復活

この剣盾EP、
シナリオに合わせて出新登場のポケモンや新キョダイマックス、
そして再登場のポケモン多数がいるようです。

『鎧の孤島』では、後述の人物・マスタードから
ダクマ」という熊とカンフーを合わせたような格闘ポケモンを渡され、
それと共に修行に励むこととなり、
そして修行の末に「ウーラウス」というポケモンに進化するそうですが、
修行の工程によって進化形態が2つに分岐し、
一撃必殺で攻めて悪タイプが追加される「いちげきのかた(一撃の型)」、
連続技で攻めて水タイプが追加される「れんげきのかた(連撃の型)」、
となるそうです。
どちらか片方でしか入手できないのでしょうかね?
ちょっと気になるところです。

『鎧の孤島』での修行の相棒となるダクマ。
熊とカンフーを組み合わせたような感じです
進化形のウーラウスの姿の一つ「いちげきのかた」
名前からして一撃必殺を重視したパワー型か
ウーラウスのもう一つの姿「れんげきのかた」
こちらは連続攻撃を重視するスピード型といった具合か
『冠の雪原』では「バドレックス」という
かつてガラル地方を治めていた伝説がある
草・エスパーの伝説ポケモンが登場し、
鹿やトナカイを人型にしたような風貌をしています。

個人的な見解ですが、
草タイプの部分を見ると「花のつぼみ」みたいな形状をしており、
雪の積もる舞台からしても
春の開花をイメージした進化形やフォルムチェンジがあるのではないか?
と考えています

『冠の雪原』のパッケージポケモンに相当する伝説のポケモン・バドレックス
バドの由来は分かりませんが、レックスはラテン語(学名)で「王者」という意味
 また、リージョンフォルム(ガラルの姿)の新たなものも登場し
ヤドンのリージョンフォルムがお披露目されました。
このヤドンはダイレクト後のポケモン剣盾の更新によって配布されもしました。
そして『鎧の孤島』で手に入るアイテムでガラルヤドランに、
『冠の雪原』で手に入るアイテムで
ガラルヤドキングに進化するようになっているのだそうです。
ダイレクトで公開の映像ではボカシが入っており詳細は不明ですが、
進化にシェルダーを使わないという従来とは全く頃なる形態となるようです。

ガラルヤドン。黄色い頭部と、たまに凛々しくなる目つきが特徴。
進化すると青紫っぽい体色になるようです。


そして、伝説のポケモンも総登場だけでなく、新たなものも登場するようです
まず、レジロックレジギガスたちレジシリーズの
新しいものが設定画という形で公開されました
手足が電気で構成された電気タイプと思しきもの、
そして腕(肩)が竜の頭部の形になったドラゴンタイプと思しきものの
2つが確認できましたね。
名称は不明ですが「レジエレキ(仮)」と「レジドラゴ(仮)」といった具合でしょうか。
レジロックやレジアイスのような「レジギガスが作ったゴーレム」の系統なのか、
レジギガスのような「巨人ポケモン」の系統なのかは現状では不明です。
ですが、完全新規というのはやはり気になるものがありますな。

新たに存在が明らかとなったレジ系のポケモン。
電気タイプのようです。
新たなレジ系のもう片方。
竜のアギトとなった腕(肩)を持っています。

それに加えて、
なんと元祖伝説であるファイヤーフリーザサンダーの鳥3匹の
リージョンフォルム(ガラルの姿)と思われるものまで公開されていました。
怪しい色の炎をまとうファイヤー、
仮面のような頭部でその目からビームを出す絵があるフリーザ―、
地上に座った姿となったサンダーなど、
かなり大胆な変更がなされています。
能力も大幅に変更となっているでしょうから、楽しみです。

ファイヤー・フリーザー・サンダーのリージョンフォルムと思しきものも。
外見だけでもかなり雰囲気が変化しています
そしてそして、
発売前から嘆く声が多かった旧作ポケモンの降板もフォローが入りまして、
なんと約200種類の旧作ポケモンが復活するそうです。
真っ先に映っていたのが、現実世界で虫マニアの筆者が大好きなポケモンであり、
虫タイプの革命児の一匹であるウルガモスであったのは歓喜しましたね♪
それ以外にも、ガブリアスやダンバル=メタグロス、ラッキーやキングドラなど
旧作での強力ポケモンおよび人気どころが多数復活するようですね。
続報に期待しましょう。

復活ポケモンとして真っ先にパソコンに映ったのがウルガモス。
虫マニアとしては嬉しいものがありました。
『ブラック・ホワイト』好きもタマゴ孵化要員としてお世話になったはず
復活ポケモンの集合図その1
キングドラやラッキーなど需要の大きかったポケモンがいます
復活ポケモンの集合写真その2
定番のガブリアスス、そしてダンバル=メタグロスの姿も
 再登場となる元祖御三家・フシギバナとカメックスにも
キョダイマックスが追加されるようで、
フシギバナは全身を覆い隠すように花が巨大化、
カメックスは甲羅が戦艦のようになる模様です。

フシギバナのキョダイマックス。
花が巨体全身を覆い隠すほどに巨大化しています
カメックスのキョダイマックス。
背中の甲羅が戦艦のようになっていますね
『剣盾』の御三家もキョダイマックスが登場し、
ドラマーがモデルのゴリランダーはドラムが巨大化、
サッカー選手がモデルのエースバーンは巨大な火球の上に乗る姿、
スナイパーがモデルのインテレオンは尻尾が伸びて狙撃の高台となるようです。


インテレオンのキョダイマックス。
尻尾が40メートルほども伸びて高台および狙撃席になっています



新シナリオと共に新キャラクターも登場

新シナリオに合わせて、新キャラも登場するようです。
現状公開されているのは『鎧の孤島』の人物です。

まずはマスタード
見た目はちとさえない爺さんといった感じですが、
実はダンデさんの師匠であり、
自身もチャンピオンの座を18年間も防衛してきた猛者なんだそうです。
『鎧の孤島』は彼の元へ弟子入りして修行するのがシナリオの軸となるとの事。

ダンデの師である元チャンピオンのマスタード。
主人公の師匠となります
そしてマスタードの弟子、および主人公の姉弟子・兄弟子として
ライバルとして登場するのがクララセイボリ―
『ソード』の場合はクララ、『シールド』の場合はセイボリ―が登場するようです。

クララはカワイく振る舞っていますが、実際は計算高く打算的だという
いわゆるぶりっ子系のキャラクター。

セイボリーは紳士に振る舞っていますが、実際はかなりプライド高いという
こちらは策士系のキャラクターのようです。

両者ともかなりアクが強いようですね。
どのようにストーリーへと関わってくるのでしょうか。

修行の先輩にてライバルとなるクララとセイリボー。
両者とも非常にアクの強い性格のようです

名前の由来ですが、マスタードは西洋辛子としてだけでなく、
英語では「からし菜(辛子を取るアブラナ科の植物)」も
指すのでこちらが由来でしょう。

ただ、アニメ版だと『ダイヤモンド・パール』ノチャンピオン・シロナの
祖母の名前が「カラシナ」になっていたので、名前絵被りが気になりますが…

セイボリーはそのまんま、
豆料理に使われるハーブの「セイボリー(サボリー、キダチハッカとも)」でしょうな。

クララは聞いた際に
『アルプスの少女ハイジ』の登場人物か?
と思いましたが、調べてみると
なんと日本の植物および日本語として「クララ」が存在しました。
ウィキペディアにもページがあります。
眩草」と漢字表記するマメ科の植物だそうで、
噛むとクラクラするほど苦いことからクララと名付けられたそうです。

クララの名前の元ネタとなった
マメ科の草の「クララ(眩草)」
食べるとクラクラするくらい苦いので
クララという名前が付いたとの事
現状公開されているキャラクターはこの3名だけですが、
『冠の雪原』の存在もあるので、実際のキャラクターはもっと多いでしょう。
続報に期待したいところです。



オシャレ要素もさらに充実。コスプレ衣装も追加

『ポケモンXY』から登場して、
『剣盾』で飛躍的にバリエーションが増えたファッションシステム。

こちらも更なるテコ入れがなされるようで、
100種類以上も新たなものが追加されるそうです。

中にはコスプレアイテムもあるようで、
公開されたものにはマリィに成りきるもの
そして『ブラック・ホワイト』のプラズマ団ゲーチスのモノクル(片眼鏡)
『XY』のフレア団バイザーなんかもありましたね。

コスプレ衣装も追加、
左はマリィで、右はローズでしょうか
『冠の雪原』に出るというコスプレ衣装。
フレア団のバイザーや、ゲーチスのモノクルが確認できます



これだけのボリュームでお値段たったの2980円(税込)

そんなこんなで追加コンテンツ離れしたボリュームの『EP』ですが、
お値段はなんと「税込2980円(基本2907円+消費税)」

氷山の一角の情報だかでこの大ボリュームだというのに、
約3000円という破格の値段設定となっています
これだけのボリュームでありながら、
破格とも言える安さです。

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の追加コンテンツの時もでしたが、
「そんな安くて利益出るのか!?」
と不安になるくらいの値段ですね。

まぁポケモンにしろスマブラにしろ、
元の本数が膨大な量売れているので、
数でカバーする形でこのような値段設定が出来るのでしょうがね。



『ポケモンホーム』の開始は2月中に決定

また、『ポケモンバンク』の後継サービスとして
『ポケモンGO』含めた各ポケモン作品からポケモンを預けられると共に、
旧作で捕まえたポケモンを『剣盾』に送る事が可能となる
クラウドコンテンツ『ポケモンホーム』。

その『ポケモンホーム』の開始が今年2月中からと発表されました!

『ポケモンホーム』は今年2月からの開始予定に


『EP』で旧作のポケモンが200種類近くも復活して、
イコールしてそれらを過去作から連れてこれると分かったので、
こちらの準備にも力が入りますね。

『ポケモンホーム』自体も
単なるボックスソフトではなくユーザーを楽しませる要素を盛り込むそうなので、
それも期待したいところです。



今回の日記は以上です

本日『スマブラSP』の5人目発表といい

2020年もゲームは見逃せない!

さて、今回の日記は以上です。

『ポケモン』から脱線となりますが、
本日1月16日23時、『スマブラSP』の追加ファイター5人目のお披露目
およびその「あそびかた」動画の公開がありますね。

テリー公開時に「6人目以降も作ることとなった」と明かされているので
これが追加ファイターの最後ではなくなりましたが、
一つの区切りにもなり、非常に楽しみにしています。

桜井ディレクターのポーズが何か意味があるのか、
「当てられたら預言者かも」発言があったりと
いろいろ憶測を呼んでいますね。
果たしてどうなるのか、23時でそれが明らかとなります。

しかし新年早々に『ポケモン』や『スマブラSP』でのこのイベント。
『あつまれどうぶつの森』も待っていますし、
2020年もゲームが見逃せませんね。

ではでは、長文失礼いたしました~

『スマブラSP』の情報公開、楽しみに待ちましょう♪

本日1月16日の23時からついに公開される
『スマブラSP』の5人目のファイター。
2020年もゲームから目が離せません

2019年12月30日月曜日

2019年もあと少し:最近のゲーム事情を軽くまとめてみました

こんばんは、マサムネです。

2019年もあと僅かですね。
皆さんは2019年はどのような年だったか、
また間近となった2020年はどのような目標を考えているでしょうか。

2019年最後となる今回の日記は
マサムネのゲーム関連の近状についてを紹介しようかと思います。


ではでは、さっそく本題にまります。
忙しい&体調が悪い中で書いた日記なので、
19年の〆の日記としてはボリューム不足かもしれませんが、ご了承ください(汗)。


『ポケットモンスター シールド』は

ワイルドエリアにハマり、

エントリーすら済ませていません(汗)

ポケットモンスター シールド』(以下、ポケモン盾)ですが、
実はジムリーダー戦はおろか、
エンジンシティに着いてからのリーグ
およびジム参加登録すら終わらせていません(汗)。

何をやっているかというと、
レベル上げと、ワイルドエリアの探索に集中しています。
そんなこんなでレベル上げを行っていたら、
うちのメッソン(ニックネーム:メソザラス)が
最終進化形のインテリオンに進化しました。

最序盤だというのに、メッソンはインテリオンに進化しました

ワイルドエリアで高レベルのポケモンと出会える仕様になっているので、
レベル上げは比較的簡単でしたね。

また、ワイルドエリアを探索していたら「ほのおのいし」を拾えたので、
捕獲していたガーディ(ニックネーム:バーハウド)に使用して
ウエンディに進化させました。

「ほのおのいし」が手に入ったので、ウインディに進化


今作はポケモンセンターで自由に技を思い出させられるので、
ウエンディに「かえんほうしゃ」や「かみくだく」、「じゃれつく」などを
覚えさせて一気に戦力となりました。

この手持ちからすると、
たぶんこの後のジムリーダー・ヤロー戦は消化試合になるんだろうなぁ(苦笑)。



と、ダラダラとレベルアップやワイルドエリア探索を続けていたら、
いつの間にか公式サイトで御三家の進化形の公開や
ジムリーダーたち全員の公開などがされていましたね。

公式サイトも大幅更新され、ジムリーダーの詳細についても公開
氷使い・メロンと岩使い・マクワ
名前の元ネタに共通点がある、というか同じ植物(※)からなのですが、
親子のジムリーダーとなっているようです。


※メロンとマクワは同じ植物
 「メロン(ジャコウウリ)」と「マクワウリ(真桑瓜、甜瓜)」は
 西洋の品種か、東洋の品種かの違いで、両方ともメロンを意味する言葉。
 生物学的にも同一の為、後述のように掛け合わせることも可能。
 日本の古典に出てくる「ウリ(瓜)」はマクワウリの事を指します。
 ちなみに、プリンスメロンなど
 西洋メロンとマクワウリを交配して作った品種もある。


ネズは庭木や盆栽で使われる、松のように葉が針状になった樹木ですね。
髪型など外見はタチフサグマを意識してデザインがなされている模様。


そして上にちょっと映っている炎使いのジムリーダー。
名前は「カブ


炎使いのカブ

…弩ストレートに野菜の「カブ(蕪)」からという点でもツッコミどころがありますが、
それ以上に大きな問題があります、この名前は。

野菜のカブは、『ダイヤモンド・パール』での
氷使い「スズナで既に使っているのですよ(汗)。
(スズナ(菘)は蕪の別名。春の七草の「スズナ、スズシロ…」が分かりやすいか)

『ダイヤモンド・パール』の氷使いスズナ。
名前は野菜のカブの別名から

まさかの植物の元ネタ被りです(汗)。
開発スタッフは気付かなかったのだろうか…

まぁそれを言うなら、今回登場の「ローズ」に対して、
『X・Y』ではフレア団幹部で「バラ」が既にいたのも元ネタ被りなのですが…

…植物の名前ネタが尽きてきて、
同じ植物でも別名ならノーカンという事にしたのでしょうかね?



あと、今回のポケモンのキャラクター名、
イギリスが舞台だから(ガラル地方はイギリスを南北逆さにしたもの)
英語で統一するのかと思いきや、
インゲン豆の別名「菜豆(さいとう)」がモデルのサイトウなど、
日本語が由来のキャラも普通に登場しますね。

前作『サン・ムーン』ではハワイ(アローラ地方はハワイ州がモデル)だったので、
ちゃんと「ククイ」や「ハウ」などハワイの植物や
ハワイ方言での呼び方が由来のキャラが多かったため
この辺かは少し意外に感じます。
まぁ『サン・ムーン』でも
「クチナシ」や「マツカリ」など日本語由来のキャラはおり、
エーテル財団関係のキャラはドイツ語が由来(※)ではありましたがね。

※エーテル財団関係のキャラはドイツ語が由来
 エーテル財団のキャラクターの名前はドイツ語で
 ・リーリエ ⇒ ユリ(英語でいうリリー)
 ・グラジオ ⇒ グラジオラスを縮めたもの
 ・ルザミーネ ⇒ ホウセンカを意味するバルザミーネ
 ・ザオボー ⇒ ソラ豆を意味するザオボーネ
 ・ビッケ ⇒ スイートピーを意味するヴィッケ
 ・モーン(リーリエの父親) ⇒ ポピー
 を意味している。



あと、『剣盾』の話からは脱線しますが、
『剣盾』の発売に合わせて始まったアニメ版ポケモンの新シーズン、
本格的なダブル主人公に再度取り組み(※)、
もう一人の主人公として添えられたゴウくん

※再度取り組み
 実は『ブラック・ホワイト』編は当初サトシが準主人公となり、
 アイリスらを主人公格にする予定だった。
 …が、上手くいなかったので、早々にサトシが主人公の路線に戻った経緯がある。
 路線変更が分かるものとしては、ロケット団のムサシとコジローの衣装が
 BW編初期は黒色に変更されたものの、すぐに従来通りの白色に戻った、
 というものがあった。

ですが、このゴウくん。
『剣盾』の女性主人公の髪型がベースという事もあり、
扱いがヒロインですね(苦笑)。
サトシに対して頬を赤くするなど、どう見てもBLにしか見えませんし(汗)。

アニメポケモンのダブル主人公の片割れ・ゴウくん。
顔を赤くしたりと、立場は完全にヒロインです(汗)
回の始まりの際、
初めての朝を迎えていた
2人の朝を迎えていた
とナレーションが入る回があり、
Twitterでは当然の如く「事後か!?」とツッコミが入る状況です。

アッー!


今後の2人の展開を見守っていきましょう。



2周年を迎えた『どうぶつの森 ポケットキャンプ』

しかしユーザーの希望に対して

斜め上に向かていく気も

スマホの『どうぶつの森 ポケットキャンプ』(以下、ポケ森)。
現在もプレイは継続しており、
Switchの『あつまれ どうぶつの森』までは少なくとも続けるつもりです。

苦戦しながらも『ポケ森』は続けています。
写真は19年12月イベントのクリア
そして、先月の19年11月21日でサービス開始から2周年となりました!

自分はプレイ休止期間もあり、2年間ずっと遊んでいたわけではないのですが、
1年半はプレイしていたと思われるので、
よくまぁここまで出来たなぁといった感じです。

当日は登場人物たちの特殊なメッセージがあり、
しずえちゃんの衣装も特殊なものとなっていたなどがありました。



11月21日は「任天堂の日」にて
『ポケ森』の配信開始日。
専用のメッセージもありました
と、それと同時にゲームがバージョン3にアップデートされ、
インターフェイスの大幅な変更、
そして新たなシステムが導入されました。

月額の定額課金サービスの導入です。

定額課金サービスがスタートしました
あ詳しくは『ポケ森』の公式サイトなどを見てほしいですが、
(URL:https://ac-pocketcamp.com/ja-JP/site)
月の定額課金で新たな新サービスが受けられるというシステムとなっています。

もう『どうぶつの森』の「自由気ままなスローライフ」はどこに行ったのやら(汗)。
結構な修羅の道を突き進んでいますね、『ポケ森』は。

そもそも、今回の定額課金の以前から、
『ポケ森』は途中から
「リーフチケット(課金すると貰える引換券的なもの)」
の無課金での入手量が大幅に低下し始めており、
(基本5枚入手だったのが3枚入手に引き下げられた、など)
課金への催促が始まっていました。

『ポケ森』は2年続いているようにアクティブなプレイヤーの人数自体は多いものの、
課金を行ってくれる「利益となるユーザー」自体は少ないのだと思われます。
ユーザーとしては課金催促は不満そのものなのが本音ですが、
運営側としては課金が少なくて苦しいところがあるのでしょうね。



さて、最後に余談ですが、
マサムネのニシキゴイ(レア魚)の所持数が100匹突破となりました。
現在は写真よりももう少し増えています。

ニシキゴイが106匹も(汗)
今はさらに増加しています
正直、こんなに余ってどうすんだって感じですね(汗)。
動物にあげるのは勿体ないし、売るのはさらに勿体ないしで、どうすべきか…
持ち物所持数の上限数の少なさもそうですが、
レアな魚や虫の有効な利用方法も欲しいところです。

そんな中、新たなに魚と虫が冬~春用に一新されるという。
…どうしろと(滝汗)。



初代ニンテンドーDSから15周年

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』から10周年

ついでに『よゐこの〇〇生活』新作も少し

最後にちょっとしたオマケを。
(文章量的には「ちょっと」じゃないでしょうが)

今月の19年12月2日にて、
初代ニンテンドーDS15周年となりました。
同時に初代DSと同時発売となったゲームタイトルである
『さわるメイドインワリオ』や『スーパーマリオ64 DS』、
第1作目『大合奏バンドブラザーズ』なども
15周年という事となります。

初代ニンテンドーDSが15周年を迎えました。
このDSは家族のものとなります。
マイDSは行方不明です(汗)。
そもそも液晶割れていますが…
同時発売だった『さわるメイドインワリオ』なども15周年です
もうそんな経つのですなぁ…
15年前、DS発売前の11月に東京ビッグサイトで開催された
ニンテンドーワールド2004 ニンテンドーDS体験会
に向かって体験プレイしたのが懐かしいです。
その頃、ちょうどビッグサイト近くのコンビニで
『ドラゴンクエスト8』の予約キャンペーンしていたの眺めていた思いでありますね。

そして久々に『さわるメイドインワリオ』をプレイしていたのですが、
この作品が初登場となるマイク、
そして同じく初登場でその後に人気キャラクターとなるアシュリーを見てみると、
今とは随分とデザインや雰囲気が異なりますね。

『さわるメイドインワリオ』でデビュー当時のアシュリー。
現在とは雰囲気がかなり異なります
で、こちらが近年のアシュリー。
雰囲気や絵柄が随分と変化しました
後にあそこまでの人気キャラになるとはスタッフは思っていもいなかったでしょうから、
別にカワイさを押して作った訳ではなかったのでしょうな。



そして19年12月3日はWiiで出た
New スーパーマリオブラザーズ Wii』の発売10周年でした。

『星のカービィ スーパーデラックス』以前から宮本茂氏が作りたがっていた
「マリオで同時多人数プレイ」
がついに実現した作品でしたね。

これまた10年前、当時のWiiの「みんなのニンテンドーチャンネル」で配信された
「『スーパーマリオブラザーズ3』リベンジマッチ(全3回)」
の最後に『New マリオ Wii』の体験プレイがあったのですが、
20年後にこれ挑戦したいな~
『Newって付いてあるで』って言いたいな~
と有野課長は述べていましたがまさかの半分の月日は経ってしまいましたね。

『』New スーパーマリオブラザーズ Wii』から10周年となりました
もう既に10年前なのに「New」と付いている状態です。
そして有野課長はあと10年後にどうなっているのか
『ゲームセンターCX』がここまでの長寿番組になるとは
当時の誰も思ってもいなかったでしょうね。
現在、有野さんのゲーム動画配信は、相方・濱口さんとセットの
『よゐこの〇〇で〇〇生活』に切り替わっていますが、
『ゲームセンターCX』特別編としてもまた配信してくれませんでしょうか。

ちなみに、『ゲームセンターCX』特別編は
3DSやWiiUの「ニンテンドーeショップ」で
動画検索すれば今でも見る事が出来ますので、
懐かしく思った方や、気になる方はチェックしてみてください。
「ゲームセンターCX」や「遊んだゲームのタイトル名」等で
検索すれば出てくるはずです。



有野課長と言えば、
『ゲームセンターCX』系譜の動画企画である
『よゐこの〇〇で〇〇生活』の新作
よゐこのリングとペンでトレーニング生活』が公開されましたね。


今回は「はじまり編」という触れ込みで、
現在は『リングフィットアドベンチャー』と『脳トレ』のトレーニング中、
20年2月に結果編を収録するようです。

相変わらずの爆笑動画となっており、
ハマグチェこと濱口優さんが「バカのプロ」として大活躍しています(笑)。
地味だけど堅実な有野課長こと有野晋哉さんとの対比が爆笑を誘いますね。



今回の『よゐこの〇〇で〇〇生活』は
『リングフィット』と『脳トレ』
バカのプロ濱口が大活躍します。
詳細をここで書くとネタバレになってしまいますので控えますが、
とにかく今回も爆笑物の展開となっていますので、是非見てみてください。
YouTubeからだけでなく、Switchの「ゲームニュース」や、
3DS・WiiUの「ニンテンドーeショップ」からも視聴できます。



2019年もあと僅か

皆さん、良いお年を!

さて、今回の日記は以上です。

2019年は体調や都合の不調などが続いて、
ゲームや日記更新がうまくいかなかった事が多かったので、
来年の2020年はそれを改善したいですね。


ではでは、長文失礼いたしました~

それではみなさん、
よいおとしを! よいおとしをー!(『MOTHER3』のヒモヘビ風に)